初のスポーツ実習で中学生と交流 非言語コミュニケーション学ぶ/八学光星高

コミュニケーションを取りながら、視覚障害者スポーツのゴールボールに挑戦する八学光星高と市立八戸一中の生徒
コミュニケーションを取りながら、視覚障害者スポーツのゴールボールに挑戦する八学光星高と市立八戸一中の生徒
八戸学院光星高(小野崎龍一校長)普通科スポーツ科学コースの1年生が16日、八戸市立第一中でスポーツ実習を行った。「非言語コミュニケーションについて学ぶ」をテーマに、手話や、視覚障害者スポーツの「ゴールボール」などを通じて、両校の生徒が交流を.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら