八日町・番町エリアで再整備構想 八戸市が調査費計上

11月の新美術館開館を契機に地権者らによる街区の再整備構想が浮上している八日町・番町エリア。左は新美術館=19日、八戸市番町
11月の新美術館開館を契機に地権者らによる街区の再整備構想が浮上している八日町・番町エリア。左は新美術館=19日、八戸市番町
八戸市中心街の八日町・番町エリアで、民間の地権者らによる街区の再整備構想が持ち上がっていることが19日、関係者への取材で分かった。近くでは市新美術館が今年11月の開館を控えており、地元関係者が新施設と連動した街並みの景観向上を模索。中心街の.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら