時評(2月20日)

東京五輪・パラリンピック組織委員会の新会長に橋本聖子前五輪相が就任した。女性蔑視発言で引責辞任した森喜朗前会長の後任だ。新型コロナウイルス感染拡大で開催が危ぶまれ、森発言への批判と後継人事をめぐる不透明さで、五輪全体への支持は急激に低下して.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら