【青森県予算案・解説】コロナ後の発展へ「好手」を

青森県が18日発表した2021年度当初予算案は、喫緊の課題である新型コロナウイルス対策関連経費として812億円を盛り込み、過去15年で最大規模に膨らんだ。 一方、県債残高(借金)を減らしつつ、基金(貯金)を取り崩さない収支均衡を5年連続で達.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら