寄贈受けた住宅用火災警報器100個設置/八戸消防本部

住宅用火災警報器を設置する消防職員(提供写真)
住宅用火災警報器を設置する消防職員(提供写真)
八戸消防本部(田村勝則消防長)はこのほど、八戸市白銀地区の災害時要援護者の世帯を巡回し、住宅用火災警報器を計100個設置した。 住警器は、同市の奉仕団体「一葉会」と、「青森県消防設備保守協会」から昨年寄贈を受けたもの。 設置には、白銀女性消.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら