5G通信 救命救急、へき地医療での活用策探る/八戸で実証実験 

現場にいるけが人の容体をモニターで確認する医師ら。医師は現場の状況をリアルタイムで把握することができる=17日、八戸市立市民病院
現場にいるけが人の容体をモニターで確認する医師ら。医師は現場の状況をリアルタイムで把握することができる=17日、八戸市立市民病院
八戸市立市民病院で17日、映像など大容量のデータを従来よりも高速で通信できる第5世代(5G)移動通信システムの実証実験が行われ、関係者が救命救急やへき地医療など医療現場での活用の可能性を探った。 県の「5G活用ビジネス実証事業」の一環。県の.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら