危機意識共有し温暖化対策 岩手県が「気候非常事態宣言」

岩手県は17日、地球温暖化に向き合い、対策に取り組む決意を示す「いわて気候非常事態宣言」を出した。温室効果ガス排出量の2050年実質ゼロの実現に向け、気候変動に対する危機意識を県民と共有し、温暖化対策を進める。 同日の定例会見で、達増拓也知.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら