東通村、独自に出産費用を助成 10万円上限

東通村は4月から、村独自の出産費用の助成を始める。通常分娩で、健康保険加入者や被扶養者であれば給付される出産育児一時金42万円を超える自己負担分について、10万円を上限に補助する。村によると、青森県内の自治体で初の取り組みだという。 17日.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録