Free子育ての味方、おむつ自販機登場/洋野・道の駅おおの

道の駅おおのに設置された「子育て支援自動販売機」=16日、洋野町
道の駅おおのに設置された「子育て支援自動販売機」=16日、洋野町

子育て世代の外出をサポートしようと、洋野町の「道の駅おおの」に16日、乳幼児用の紙おむつを購入できる「子育て支援自動販売機」が設置された。

 国土交通省が進める道の駅子育て応援施設整備計画を受け、同施設を運営する大野ふるさと公社が独自に導入。岩手県内では釜石市と花巻市に次いで3カ所目という。

 自動販売機では、通常販売されている飲料と共に、2枚組の紙おむつ(M・Lサイズ)とおしりふき(70枚入り)が購入できる。いずれも240円。

 この日は吹雪で商品が風に飛ばされる“トラブル”に見舞われながらも、作業員4人がかりで自動販売機を設置。作業を見守った同公社の竹高昭徳事務局長は「24時間、悪天候でも購入できます。子育て世代の皆さん、ぜひ活用して」。