えんぶりの伝統引き継ぐ子どもたち 地域で練習成果披露へ

参観日に向けて練習に励む階上小の児童=12日、階上小
参観日に向けて練習に励む階上小の児童=12日、階上小
みんなを喜ばせたい―。新型コロナウイルスの影響で、1927年以来の開催見送りとなった「八戸えんぶり」(17~20日)。例年にない静かな春を迎えようとしている八戸地方に元気を届けようと、子どもたちが決意を新たにしている。伝統芸能の担い手たちは.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら