時評(2月17日)

15日に開かれた衆院予算委員会の集中審議では、菅義偉首相の長男と総務省幹部らとの会食の問題が取り上げられた。 長男が総務省にとっての利害関係者かどうかを巡って曖昧な言葉を繰り返す総務省幹部の答弁にはあぜんとしたが、首相の対応もまるで「傍観者.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら