第二みちのく、料金徴収10年延長は妥当

2022年3月末に料金徴収期間の満期を迎える第二みちのく有料道路(おいらせ町―六戸町、9・7キロ)の在り方を議論する青森県の検討委員会(委員長・武山泰八戸工業大教授)は15日、青森市で第3回会合を開いた。道路を管理する県道路公社の債務が残っ.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら