【宮城、福島で震度6】JR東 石田支社長「過去の教訓生きた」

13日に発生した地震の被害状況などを説明する石田亨支社長=15日、青森市
13日に発生した地震の被害状況などを説明する石田亨支社長=15日、青森市
JR東日本盛岡支社の石田亨支社長は15日、青森市で定例会見を開いた。13日夜に発生した福島県沖を震源とする地震で、青森県内の鉄道施設が大きな被害を受けなかったことについて、「電柱などの耐震化の効果が確認できた。過去の地震で得た教訓は受け継が.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら