「新たな街」復興の光 家、町の宝戻らない現実/ルポ・福島第1原発周辺は今(後編) 

産業復興の取り組みを説明する伊澤史朗町長。除染で出た土壌などの中間貯蔵施設(写真奥の白いテントなど)が隣接する=9日、双葉町 
産業復興の取り組みを説明する伊澤史朗町長。除染で出た土壌などの中間貯蔵施設(写真奥の白いテントなど)が隣接する=9日、双葉町 
校内は完全に時間が止まっていた。 別の教室には食塩やラップ、変色したご飯がテーブルに置かれたままだった。夕暮れ時の空腹をおにぎりで満たしたのだろうか。体育館をのぞくと、約2週間後に控えた卒業式の練習に合わせ、椅子や演台が並ぶ。壁の色あせた紅.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら