関電社長、むつ市案提示 中間貯蔵23年までに確定

 中間貯蔵施設を巡る構図
 中間貯蔵施設を巡る構図
関西電力の森本孝社長は12日、福井県庁で杉本達治知事と面談し、関電原発の使用済み核燃料を一時保管する中間貯蔵施設の県外候補地は、2023年末を最終期限として確定させると表明した。むつ市の施設を電力各社で共同利用する案を選択肢の一つとして提示.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら