優雅な音色に感性養う 倉石小で箏曲の出前授業/五戸

鈴木操良慈さん(左から4人目)から指導を受けて琴の演奏に挑戦する児童
鈴木操良慈さん(左から4人目)から指導を受けて琴の演奏に挑戦する児童
五戸町立倉石小(小笠原浩也校長)で8日、琴の出前授業が開かれ、4年生19人が優雅な音色に触れ、感性を養った。 音楽の授業の一環で実施。生田流箏曲松の実會(かい)青森県支部五戸・さつき庵・更上閣・はっち松操(しょうそう)会会主の鈴木操良慈(そ.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら