縄文遺跡群のイコモス中間報告 構成資産変更につながる指摘なし 審査順調

今夏の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会で世界文化遺産の可否が決まる「北海道・北東北の縄文遺跡群」について、ユネスコ諮問機関の国際記念物遺跡会議(イコモス)が中間報告の中で構成資産の変更などにつながる指摘をしなかったことが10日.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら