第2回弁論、耐震性再検査巡り平行線 十和田・新渡戸記念館明け渡し訴訟

耐震強度不足で廃止した旧十和田市立新渡戸記念館を巡り、市が新渡戸家に建物の明け渡しを求めている訴訟の第2回弁論が10日、青森地裁十和田支部(北川瞬裁判官)で行われた。新渡戸家側は独自にコンクリート強度の推定調査をした結果を基に、再検査をすべ.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら