中央卸売市場の施設長寿命化、3億3千万円投じ補修へ/八戸市

八戸市は9日、市中央卸売市場の運営協議会(会長・田中哲八戸学院大教授)を同市場で開き、施設の長寿命化に向け、2021年度から10年間の取り組みをまとめた個別施設計画案を報告した。約3億3200万円を投じて補修工事を行う。 個別施設計画は、公.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら