MOX工場鉄筋腐食問題 原燃、健全性評価終了、4月中旬までに取換完了

六ケ所村で建設中のMOX(プルトニウム・ウラン混合酸化物)燃料加工工場の基礎部分から、鉄筋の腐食が見つかっていた問題で、日本原燃は9日、残っていた鉄筋の健全性評価を終え、新たに直径35ミリの2本が日本産業規格(JIS)の基準を満たしていなか.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら