福祉施設と利用者の“橋渡し役”に 「八ネット福祉オンブズマン」活動20余年

利用者の声に耳を傾ける千葉マキ子理事長。解決策などを施設側に提案する=昨年12月、八戸市
利用者の声に耳を傾ける千葉マキ子理事長。解決策などを施設側に提案する=昨年12月、八戸市
福祉施設の利用者の声に耳を傾け、第三者の目線で施設の環境維持や改善を提言する八戸市のNPO法人「八ネット福祉オンブズマン」の活動に視線が注がれている。施設内で不満や不安を抱える利用者に対して定期的にヒアリングをしたり、設備環境をチェックした.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら