【にぎわい創出の行方 はっち開館10年】(上)アート、子育ての拠点に

開館から10年を迎える「はっち」。来場者の回遊性を高め、中心街ににぎわいを創出することが課題だ=8日、八戸市三日町
開館から10年を迎える「はっち」。来場者の回遊性を高め、中心街ににぎわいを創出することが課題だ=8日、八戸市三日町
「子どもの遊び場として度々活用している。街なかにこういう施設があるのはありがたいですね」。 2月上旬、はっち4階の「こどもはっち」を利用していた八戸市内の30代の主婦は子どもを見守りながらこう話した。地元の木材を使った遊具などを備えるこども.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら