Free受験頑張れ!「元気いっぱいカツカレー」給食/三沢

「元気いっぱいカツカレー」を元気に食べる生徒
「元気いっぱいカツカレー」を元気に食べる生徒

三沢市学校給食センターは4日、市内全12小中学校で、通常より質や量を向上させた特別メニューの給食を実施した。今回は「受験生応援メニュー」として、「元気いっぱいカツカレー」をメインとした献立を企画。高校受験を控えた中学3年生をはじめ、子どもたちが充実したメニューを味わい、目指す進路の実現に向けて意欲をみなぎらせた。

 本年度始めた試みで、食育を進めるほか、新型コロナウイルスの感染拡大により、さまざまな活動が制限されている子どもたちを元気づけるのが狙い。実施は昨年9月に続き2回目。

 通常の1食分の食材費に市が百円程度を上乗せし、カツカレーとフルーツポンチという特別な献立を提供。豚カツに国産豚肉を、カレーには三沢市産豚肉を使用した。

 市立第一中(米内山誠毅校長)の3年1組では、生徒32人が特別メニューを堪能。受験など勝負の時を控える生徒たちは、豚カツや果物を思い思いに口に運んだ。對馬侑斗(ゆきと)さん(15)は「とてもおいしかった。いろんな所から応援してもらってうれしい。受験を頑張ることができそうだ」と笑顔を見せた。