【ワッツ―FE名古屋】攻撃ミスから失点重ねる「自滅してしまった」

得点力不足の不安がチームのリズムを狂わせた。青森は序盤から攻め手を欠き、攻撃の途中で相手にボールを奪われる「ターンオーバー」(TO)を連発。攻守の切り替えも遅く、相手の速攻から失点を繰り返した。北谷稔行アソシエイトヘッドコーチ(AHC)は「.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら