天鐘(2月8日)

戦後から高度経済成長期までの日本は、皆が貧しかった。だから身の回りの道具が壊れれば修理して使い続けたし、ズボンや靴下に穴が空けば、「継ぎ」の布を当てて繕った▼その昔、「東海道」というあだ名の少年がいた。洋服が継ぎはぎだらけで、数えてみたら5.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら