リンゴや桜の剪定枝を和紙に 弘前大などが研究、三菱製紙八戸工場で加工

リンゴの剪定枝から作った和紙を持つ、弘前大の廣瀬孝講師(右)と八島光勇さん=2020年12月、弘前市
リンゴの剪定枝から作った和紙を持つ、弘前大の廣瀬孝講師(右)と八島光勇さん=2020年12月、弘前市
青森県が生産量日本一のリンゴと弘前公園が国内有数の名所として知られる桜。その木から切り落とされた枝を和紙として再利用するプロジェクトに、弘前大などでつくる研究会が取り組んでいる。2020年11月には、弘前市の園地から集めたリンゴの剪定枝(せ.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら