新北極研究船26年度にも就航 むつ・関根浜が母港の可能性

 北極域研究船のイメージ(海洋研究開発機構提供)
 北極域研究船のイメージ(海洋研究開発機構提供)
海洋研究開発機構(JAMSTEC)が、北極海周辺の北極域の海洋調査や気象観測に当たる「北極域研究船」の新造計画を進めている。新造船は、運航中の研究船「みらい」(母港・むつ市関根浜港)が担う役割や機能を引き継げるような造りとし、高い砕氷機能を.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら