八戸の工場で男性が右足骨折 機械とレールの間挟まれる

4日午前9時50分ごろ、八戸市桔梗野工業団地の電子機器製造工場で、運搬装置の点検をしていた岩手県花巻市、会社員男性(53)が機械とレールの間に右足を挟まれ、足首を骨折する重傷を負った。 八戸署によると、男性は工場内にある機械のメーカー社員で.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら