Free朝のニュースダイジェスト(2月5日)

【青森県内新たに6人感染】
 青森県などは4日、県内で新たに6人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表。県内の累計感染者は736人となった。

【ヴァンラーレ、キャンプ入り】
 サッカーJ3のヴァンラーレ八戸は4日、沖縄県内で春季キャンプに入った。25選手全員が参加。14日までトレーニングマッチなどで調整し、16日に八戸に戻る予定だ。

【刑法犯18年連続減少】
 青森県警によると、県内の20年の刑法犯認知件数は3409件(前年比79件減)。18年連続で減少し、1948年の統計開始以降、過去最少。詐欺などの知能犯が微増だった。

【主食用米転作に独自交付金】
 主食用米から飼料用米への転換を後押しするため、十和田市地域農業再生協議会は、21年産で新たに作付転換する市内農業者に10アール当たり5千円を独自交付することを決めた。

【ディスバッドマム栽培調査へ】
 八戸市農業経営振興センターは4日、21年度業務計画検討会を開き、切り花の有望品目として一輪咲きの菊「ディスバッドマム」の栽培技術調査を新規で行うことを確認した。