1人1台端末どう生かす? 八戸市長ら小学校の実践事例視察

タブレット端末を活用した授業を視察する関係者=4日、八戸市立小中野小
タブレット端末を活用した授業を視察する関係者=4日、八戸市立小中野小
八戸市総合教育会議が4日、市立小中野小で開かれ、小林眞市長や伊藤博章教育長らが、児童に1人1台ずつ配られたパソコンを活用した授業の視察などを行い、ICT(情報通信技術)教育の今後の在り方を探った。 同会議は、市長部局と市教委が意思疎通を図り.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら