時評(2月2日)

私権制限や罰則の強化を盛り込んだ新型コロナウイルス特別措置法と感染症法の改正案が衆院を通過、3日に成立する見通しだ。国会提出された政府案の審議入り前に、自民、立憲民主両党が焦点の罰則を巡り、前科となる刑事罰から行政罰への変更などで修正合意し.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら