三農高生、きみがらミニ草履作りに挑戦/十和田

組合員に教わりながら、きみがらミニ草履作りに挑戦する生徒
組合員に教わりながら、きみがらミニ草履作りに挑戦する生徒
青森県立三本木農業高(遠藤剛校長)で26日、きみがらミニ草履の製作講習会が行われた。十和田きみがらスリッパ生産組合(宮本桂子組合長)の組合員を講師に招き、植物科学科の1年生35人がデントコーンの皮を使った伝統の技術を学んだ。 同科では、地域.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら