原燃定例会見 耐震補強困難の指摘に「機器は揺れに耐えられる」

使用済み核燃料再処理工場の耐震補強について見解を述べる増田尚宏社長=28日、青森市
使用済み核燃料再処理工場の耐震補強について見解を述べる増田尚宏社長=28日、青森市
日本原燃の増田尚宏社長は28日、青森市で定例会見を開いた。使用済み核燃料再処理工場(六ケ所村)で耐震補強工事が困難であることを示唆する資料が行政訴訟で示されたことについて、「700ガルの地震動にセル内のほとんどの機器が耐えられると思う。仮に.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら