整備士不足補う外国人パワー トヨタカローラ八戸が6人採用

技術向上に向け、自動車整備に汗を流すホ・ホアン・アンさん(左)とグエン・タン・ティエンさん=22日、八戸市
技術向上に向け、自動車整備に汗を流すホ・ホアン・アンさん(左)とグエン・タン・ティエンさん=22日、八戸市
自動車整備士の人材不足に対応するため、八戸市のトヨタカローラ八戸(塚原安雅社長)が外国人を積極的に採用し、整備士として育成する取り組みを進めている。現在はタイとベトナム国籍の6人が日本人スタッフに混じって、同社の車検工場で車両のメンテナンス.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら