「違法性認められず」生活保護受給巡る裁判、八戸市側勝訴

生活保護廃止処分の見直しに時間がかかり、精神的苦痛を受けたとして、八戸市の男性が市に対し、50万円の慰謝料を求めた訴訟の判決で、青森地裁八戸支部(岩﨑慎裁判長)は27日、「違法性は認められない」として原告側の請求を棄却した。 原告側は生活保.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら