【月刊Dash】「長根っ子」の誇り胸に五輪出場/スピードスケート金濵康光

カルガリー五輪男子1000メートルで9位に入った金濵康光=1988年2月18日(本人提供)
カルガリー五輪男子1000メートルで9位に入った金濵康光=1988年2月18日(本人提供)
1988年2月18日、カナダ・カルガリー。冬季五輪史上初めて室内リンクが舞台となったスピードスケートの男子1000メートルに、八戸市出身の24歳・金濵康光(ジャスコ、現イオン)が挑んだ。スタートで1度、フライングしたが、焦りや緊張は少しもな.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら