「青天の霹靂」作付面積16%アップへ

青森県は25日、県産ブランド米「青天の霹靂(へきれき)」の2021年産の作付け予定面積が、前年比16%増の1866ヘクタールと2年連続で増加する見通しを発表した。新型コロナウイルスの影響で、県産主力米「まっしぐら」など業務用米の売れ行きが落.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら