Free砂倉さん(三沢一中)、4コマ漫画部門で優秀賞/情報モラル・セキュリティコンクール

表彰状を受け取り、受賞を喜ぶ砂倉彩花さん(左から3人目)
表彰状を受け取り、受賞を喜ぶ砂倉彩花さん(左から3人目)

独立行政法人情報処理推進機構(IPA、東京)が主催する「第16回IPA『ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール』2020」で、三沢市立第一中2年の砂倉彩花(さくら・いろは)さん(14)が、4コマ漫画部門の優秀賞「青森県警察本部生活安全部保安課長賞」に選ばれた。砂倉さんは「賞を取れるとは思っていなかったので、とてもうれしい」と受賞を喜んだ。

 同コンクールは、全国の小中学生や高校生らに、情報モラルや情報セキュリティーについて考える機会をつくる目的で開催。昨年6月1日から9月18日までの募集期間中、標語やポスター、4コマ漫画など全5部門に、計5万9881点の作品(うち4コマ漫画6672点)が寄せられた。

 砂倉さんの作品のタイトルは「情報にロックを!」。会員制交流サイト(SNS)への投稿の内容によっては、居住地や通う学校を特定されてしまう怖さを描き、「自分のことは自分で守ろう」とのメッセージを通じて、個人の特定につながる情報を安易に公開しないよう呼び掛けている。

 同校で20日、表彰式が開かれ、同課の髙坂精一課長が砂倉さんに表彰状を贈呈。砂倉さんは「受賞を機に、私もSNSの使い方について考え直したい」と語った。