時評(1月25日)

17日に投開票が行われた大間町長選は、町政刷新を掲げ、2017年の前回に続いて出馬した元町参事の新人野﨑尚文氏(65)が、5期目を目指した現職金澤満春氏(70)を接戦で下し、初当選を果たした。野﨑氏には「暗く沈む町を変える」と選挙戦で訴えた.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら