【斗南藩ゆかりの地探訪】(8)招魂碑(三戸町)

会津藩からの移住者が悟真寺の境内に建てた招魂碑。畳1枚ほどの大きさがあり、三戸城の石垣が使われた=三戸町同心町
会津藩からの移住者が悟真寺の境内に建てた招魂碑。畳1枚ほどの大きさがあり、三戸城の石垣が使われた=三戸町同心町
三戸町中心部の八日町商店街を脇道に入った場所にある悟真寺。境内には、戊辰戦争と明治維新期の混乱で忠義の死に倒れた会津藩士らを弔う招魂碑が建つ。 招魂碑は、戊辰戦争犠牲者の27回忌に当たる1894(明治27)年、会津からの移住者によって建立さ.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら