【スケートインターハイ】安定のラップタイム、悲願の頂点/橋本(八戸西)

表彰台の頂点に立ち、金メダルを手にガッツポーズの橋本芳彦
表彰台の頂点に立ち、金メダルを手にガッツポーズの橋本芳彦
レース途中まで他選手のタイムを下回っていても、前を滑る選手が転倒しても、自分の両目のコンタクトレンズが外れても、「終わるまで気付かなかった」ほどレースに集中していた。持ち味の「安定したラップタイム」をキープし続け、25周を駆け抜けた。橋本芳.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら