天鐘(1月24日)

身を切るような寒さと忍び寄るコロナを避けて巣籠(ご)もりしていたら、束の間淡い日差しが戻ってきた。軒先の氷柱(つらら)が冬日を浴びて煌(きら)めいている。〈水晶に朝日かゝやぐ氷柱哉 子規〉▼瀑布(ばくふ)が結氷して「氷瀑」と化すのは寒さゆえ.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら