【スケートインターハイ】八戸工・高橋が値千金の決勝弾

第3ピリオド15分すぎ、2―2の同点で迎えたパワープレー(数的有利)の好機に、ゴール前でパスを受けたのはFW高橋陽翔。「何が何でも決める」。GKの左足とゴールポストの間のスペースを狙って力の限りたたいたパックは、鋭くゴールに突き刺さった。値.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら