短角牛マスコットキャラ「タン君」を3次元化 久慈工業高生が人形制作

久慈工業高生が制作した「タン君」の人形
久慈工業高生が制作した「タン君」の人形
岩手県立久慈工業高(日當仁己校長)の生徒が、3Dプリンターを使って久慈市の山形村短角牛のマスコットキャラクター「タン君」の人形約10体を制作し、19日、同市に寄贈した。市は観光PRや消費拡大に役立てる方針。 市の依頼を受け、電子機械科3年の.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら