児童が自作の弁当持参 家族へ感謝の気持ち新たに「弁当の日」/おいらせ町立百石小

自作の弁当を手にして笑顔の児童
自作の弁当を手にして笑顔の児童
おいらせ町立百石小(清水目明美校長)の5、6年生86人は18日、「弁当の日」イベントとして自ら手作りした弁当を学校に持参し、食への理解を深めるとともに、毎日食事を作ってくれる保護者に感謝の気持ちを感じながら味わった。 弁当の日は、2001年.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら