【スケートインターハイ】工大一、スコア以上に苦戦

3点差で初戦を制した工大一だが、3対5のキルプレーのピンチを2度招くなど、スコアが示す以上に苦戦を強いられた。大野将輝主将は「東北は体格のいい選手が多く、第1ピリオドを1点差で終えて、重苦しいムードになってしまった」と反省した。 中盤以降は.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら