4被告、起訴内容認める/持続化給付金詐欺・初公判 

新型コロナウイルス対策で国が個人事業主に最大100万円を支給する持続化給付金をだまし取ったとして、詐欺の罪に問われた神奈川県厚木市戸室4丁目、とび職の男(23)ら男4人の初公判が20日、青森地裁(長橋政司裁判官)で開かれ、4人は起訴内容を認.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら