Free朝のニュースダイジェスト(1月20日)

【協会けんぽ保険料率引き上げ】
 全国健康保険協会(協会けんぽ)青森支部は19日、2021年度の保険料率について、0・08ポイント引き上げ、9・96%とする方針を決めた。引き上げは2年連続。

【青森県内新規感染は12人】
 青森県は19日、12人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。保健所別では、三戸地方1人、青森市5人、五所川原4人、弘前2人。県内の累計感染者は656人。

【きょうは大寒】
 20日は二十四節気の一つで、寒さが1年のうちで最も厳しいとされる「大寒」。三戸町貝守地区では、冷え込みが強まるほどうま味が増す、しみ豆腐作りが盛んに行われている。

【候補地絞り込みへ村民アンケート】
 2025年度の完成を目指す役場新庁舎について、六ケ所村は19日、村民らに対してアンケートを実施すると明らかにした。検討委が建設候補地を絞り込む際の参考にする。

【攻めの農林水産業賞決まる】
 青森県は19日、2020年度「攻めの農林水産業賞」の表彰式を県庁で開き、収益力強化部門で大賞に輝いたおとべ農産合同会社(東北町)など6団体の功績をたたえた。