天鐘(1月18日)

吉田兼好は『徒然草』の「万の道の人…」(一八七段)で、上手(うま)い素人より下手な玄人の方がよっぽどましだと言い切っている。玄人は油断せずに慎重だが、器用な素人は勝手気ままでそのうち失敗するからだという▼万事において玄人を好む兼好さんの達観.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら