工芸品の継承に向けて熱意 八戸の県伝統工芸士3人

小林眞市長(左)に自身の作品を紹介する青森県伝統工芸士の3人
小林眞市長(左)に自身の作品を紹介する青森県伝統工芸士の3人
昨年12月に青森県伝統工芸士に認定された、「南部菱(ひし)刺し」の横井充子さん(56)と山田友子さん(49)、「八幡馬」を製作する髙橋利典さん(55)=いずれも八戸市=が14日、市庁に小林眞市長を訪ね、喜びの報告をするとともに、今後の活動に.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら